トリックモーションでおこる顔のたるみを改善する

トリックモーションとは使うべき筋肉とは別の場所の筋肉を使うことを意味します。

たとえば瞬きをするときに本来なら眼の周りの筋肉を使うのが正しい方法です。しかしいつのまにかおでこの筋肉を使ってまばたきをしてしまいます。

それによりおでこにしわが寄ってしまい、顔のたるみの原因となります。

顔のたるみを改善するためにはこのトリックモーションをしない習慣を身につけることがポイントです。眼の周りの筋肉を強めるエクササイズを毎日行うのは助けになるでしょう。

たるみを防ぐ習慣

筋肉はいくつになっても向上させることができます。歳だからと思ってあきらめるのはもったいないことです。

他にも口角を上げることで顔のたるみを予防できます。

顎から鎖骨にかけて大きい筋肉が存在します。それが弱ってくるとたるみが生じますので、口角を上げて抵抗することが必要です。

笑顔をいつも作るようにすることでも筋肉を鍛えることができます。顔のたるみを防げるだけでなく、笑うことで気分もよくなるので一石二鳥です。

また、舌の機能が弱ることも原因の一つです。舌も定期的な運動が必要であり、それにより嚥下力も鍛えることができます。

うつむいて作業をすることが多いのもたるむ原因となるので姿勢も大事です。

レーザー治療をするときには専門家に相談

顔のたるみはエクササイズや顔の筋トレでも防ぐことができます。実際無料動画サイトでは非常にたくさんのハウツーが紹介されています。

中にはかなり高齢の人もいて、顔のエクササイズだけで若さを保っていると言っていますから驚きです。

顔のエクササイズ

確かに筋肉は使うことで鍛えることができます。
高齢者で現役のボディビルダーはたくさんいます。

それでもエクササイズは正しい方法で行わないと逆効果になるので要注意です。

他にも、顔のたるみの解決の一つにレーザー治療があります。
レーザーをあててたるみをなくする方法です。

顔の肉を切ってたるみを取る手術ではないのでダメージが少ないことが特徴です。その分傷跡が残ることもありません。

一人一人の状態や年齢が違うので、最も適切な治療を受ける必要があります。それにより要する費用も時間も違ってきます。

口の中からレーザーをあてて、加熱することでたるみをなくすることが一つの方法です。ちょうどしゃぶしゃぶのときに、熱湯の中にお肉を入れると縮まるのと同じ原理です。

通常は痛みはほとんどありませんが、不安なことは専門家に相談することがおすすめです。心配なことや気がかかりなことがあれば質問しましょう。

顔のたるみの原因は顔面の筋肉量が低下しているから

美容の意識の高まりはせい別問わずに40代を超えた年齢から多くなっており、特に更けて見えるのだけは避けたいというニーズがあります。

その老けて見える要因として、最も相手にそのような印象を与えてしまうのが顔のたるみです。

顔のたるみは顔の皮膚が重力に負けて下に落ちることで、年齢よりも老けて見えてしまいます。

顔のたるみの原因は、紫外線による皮膚組織が壊れることが一般的な認識に多いです。
もちろん紫外線も原因の一つに挙げられるのですが、もう一つ重要なのが顔から首にかけての筋肉です。

たるみの知識

筋肉は常に動かしていないと緩んでしまう傾向にあり、特に顔面から首の筋肉というのは胴体と違って動かす機会が少ないので緩んでしまいがちです。

特に顔のたるみの原因になる筋肉というのが、側頭筋と胸鎖乳突筋と呼ばれる部分です。
側頭筋はほほから頭蓋に伸びる筋肉であり、口を開ける動作をするときに使う部分になります。あまり聞きなれない胸鎖乳突筋は首を正面から見た時にのどぼとけがあるのですが、その横側にある部分になるのです。

これらの筋肉が衰えてしまうと、重力に筋肉が支えられなくなるので顔のたるみとして出てしまう原因になります。

たるみ改善は筋肉を鍛えるマッサージが大事

顔のたるみの原因が側頭筋と首の胸鎖乳突筋と分かったところで、この2つの筋肉が衰えを解消できれば年齢に関係なく改善できることが分かります。

その顔のたるみの解消方法として、筋肉を鍛えるためのマッサージが大事になります。

その方法としてはこめかみ部分に指の腹をあて、圧をかけながら円を描くように軽く持ち上げながら10回から30回を目安にほぐすのです。

効果的にたるみを改善

そして親指を首の部分に抑えて、残りの指は後ろの首の骨に沿っておきます。
それから親指で軽く押しつつ、後ろの首の筋肉をほぐすように円を描くように圧をかけるだけです。

これらの筋肉ほぐしを1日3セットを目安に、最初は10回を行いなれてきたら30回を行います。
顔面と首の筋肉をほぐすことによって、顔のたるみの原因になっている衰えを解消できるので元の状態に戻りやすくなるのです。

しかし顔のたるみを直すためには、それ以外にも生活を見直す必要があります。
先に言ったとおりに紫外線もたるみを引き起こす原因になるので、外出するときには季節を問わずに保湿成分が入ったUVクリームを塗って外出することが大事です。

そして食べ物も大事で、弛みの原因は軟らかい食材を食べることで噛む回数が減っているのも要因になります。

そこで少し硬めに茹でた野菜や歯ごたえのある赤身肉を食べることで、30回以上を噛むことで顔と首の筋肉を鍛えられるのです。

バスタイムにできる顔のたるみ予防法

年々気になってくる顔のたるみは、何もしないでいると
どんどん悪化していきます。

顔のたるみが気になり始めるときれいに化粧をしても、
好きな服を着てもあまり気分が上がらなくなりますよね。

どうしても年齢を重ねるごとに重力の関係で肌が下に
下がってきてしまうので仕方の無いことなのですが、
なんとかして改善できる方法がないのでしょうか。

ここでは、顔のたるみをおこさせないようにする予防法をお伝えします。

たるみを予防する

まず、顔の筋肉をよく動かすこととマッサージです。
これはリラックスでき、また筋肉が弛緩しているバスタイムにするとより効果的です。

顔の運動は簡単で、イとウの音を5秒間ずつ言います。

この時、口は出来るだけ大げさに形作ります。こうすることで表情筋が刺激され動き、
顔のたるみを防止しして生き生きとした表情を作り出します。

またマッサージは、こめかみの辺りを10回ほどぐるぐると回してマッサージします。
あまり強くやりすぎずに気持ちいいと感じるぐらいの力でするといいです。

また、フェイスラインに沿った顎の上部、耳たぶのすぐ隣りあたりを
マッサージすると、リンパの流れがよくなり、顔の輪郭がすっきりします。

さらに、頭皮は顔とつながっているため、頭皮をマッサージする要領で
シャンプーをすると、血行がよくなり顔のたるみ予防に効きます。

正しい頭の洗い方で顔のたるみが改善?!

頭皮の血流が悪く凝り固まっていると、顔の皮膚も同じように血流が悪くなってしまいます。

そこで毎日実践できる顔のたるみの改善方法は髪の洗い方にあります。

髪の洗い方

洗髪は髪をきれいにする目的でもありますが、同時に頭皮のマッサージも行うと
体全体の血行改善につながるのです。

洗い方のコツとしては①しっかりと予洗いする②シャンプーをしっかりと手で泡立てておく
③指の腹を使う④優しく頭皮中心に洗うこの4点になります。

意外と毎日のお手入れの中であまり気を使ってシャンプーを行っている方は少ないのかもしれません。

頭皮を毎日しっかりとほぐすと顔もリフトアップして、すっきりとしたフェイスラインを
実現することができるでしょう。