知らない間に顔のたるみになる原因をやっている

一般的に顔のたるみは、加齢により表情筋などの筋肉が衰えてしまう、これにより耐え切れなくなった皮膚が下方向に垂れ下がるなどのメカニズムがありますが、年齢がそれほど上ではない人でも顔のたるみに悩みを抱えている人が意外と多いようです。

日常生活の中で気が付かない間にやっているNG習慣、
これは顔のたるみを作り出しているもので
その習慣を把握して原因を取り除くが先決です。

顔のたるみになる可能性があるといわれているNG習慣には、
頬杖をつく・姿勢が悪い・喫煙・強すぎのフェイスマッサージ・
表情筋を使わない、このような5つのポイントがあるといいます。

たるみのNG習慣

喫煙はさまざまな悪影響を与えるものとして
知られているわけですが、タバコを吸うことで
皮膚の真皮層に存在している弾力を維持する役割を持つ
繊維が傷ついて、それが原因で肌の弾力が失われて
しまうようです。

強すぎるマッサージは、たるみを改善しようと
がむしゃらにやってしまう人の多いNG要因の一つで、
強すぎてしまうと皮膚が引き伸ばされて
たるみの原因になりやすいのです。

なお、フェイスマッサージはお風呂上りなど
血の巡りが良いタイミングで行うのが効果的で、
このとき中指や薬指を使うことで力を加減して
効果的にできるといいます。

4つの角度から同時に行うアンチエイジングマシーン

顔のたるみの改善を行うときに、5つのNG習慣を取り除くことで
美顔器での効果をさらに高めることができます。

リフトアップ効果を期待できるさまざまな美顔器が
登場していますが、フォトナ4Dはたるみ・シワ・
肌の透明感などの改善および向上を期待できる
リフトアップ治療に優れた効果を期待できるといわれています。

フォトナ4Dによる効果は、見た目年齢を若くするために
欠かせない、たるみやシワの改善、そして肌の透明感の向上など
4つの角度から同時にアプローチを行い施術してくれるマシーンです。

口の中にレーザーを照射するやり方になるのが特徴で、
肌の表面からのアプローチでは深層部まで熱の伝達が悪く
改善への効果も薄くなりますが、口の中からレーザーを照射すると
深層部までしっかり熱を伝えることができるメリットを持ちます。

また、口腔内は肌表面にレーザーを当てるときより
痛みを感じにくいメリットもありますし、施術を受けるときには
歯科で使用している麻酔クリームを併用するので
痛みなどを感じることなく肌の奥深い部分まで熱を到達させて
見た目年齢を若くするための美容施術を可能にしてくれます。

肌の深くまでアプローチ

なお、フォトナ4Dは美容クリニックなどで行っている医療施術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)